コスプレの歴史

1970年代のコスプレ

1970年代のコミケにタイムスリップしてみましょう。その当時はどのようなコスプレが流行っていたんでしょうね?1977年に人気だったアニメ「海のトリトン」の衣装が注目を浴びました。どんなコスチュームでも可能だと思った人たちが、それから人気のアニメの衣装を競っていきました。
個性的なコスチュームを極めだし、あの「科学忍者隊ガッチャマン」のコスプレが出ると、メディアに大きく取り上げられて、コスプレの噂はかなり広まっていきました。
1980年代になると、忘れられないあの名作アニメ「機動戦士ガンダム」があらわれます。ガンダムのプラモデル「ガンプラ」なども相当流行りましたが、コスプレも負けず劣らず流行りました。モビルスーツを着たガンダムの仮装をした人たちを撮った写真が、あちこちのメディアで取り上げられました。バラエティ番組「はなきんデータランド」のアニメランキング特集では、コスプレランキングなども発表されるようになり、一気に盛り上がっていきましたよね。

コスプレ文化の隆盛期は1990年代

コスプレ文化が大盛り上がりを見せたのは、1990年代です。ガンダムに続く大ヒットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」が登場したのを皮ぎりに、綾波レイやアスカの衣装が日本だけでなく、フランスやアメリカの街角でも見かけるようになりました。1997年は日本のコスプレ人口は約8000人にもふくれあがったといいます。

またアニメやマンガだけでなく、ヴィジュアル系バンドのコスプレを好む人たちも増えてきました。X JAPANをはじめ大好きなヴィジュアル系バンドの衣装を着て街を歩くのは、とても楽しそうです。
イベントもそれまではコミケやフェスティバルでしかコスプレイベントを行われていませんでしたが、コスプレ単独のイベントも開催されるようになり、コスプレイヤーの活躍できる領域も広がっていきました。アニメソングにあわせて歌って踊るコスプレダンスパーティーもブームになりました。またコスプレイヤーの衣装をカメラマンが撮影する撮影会も多く開催されました。

ネットで買える、コスプレショップ

メーカー直販のコスプレ通販【GoodLuck】
パーティーコスチュームから宴会グッズやウィッグなど、テレビや雑誌で紹介された商品も取り扱っています。

BIKINISTOKYO-ビキニズ東京
マイクロビキニの専門店ですが、ドレスやボディコン、コスチュームの取扱いもあります。